MICOTO8 

ambassador

MICOTO8のコンセプトや想いに共感し 世界に誇れる日本伝統文化を次世代へと繫ぐ活動に協力して下さっている
MICOTO8アンバサダーの皆さんをご紹介します。

書家・アーティスト

岡西佑奈

幼い頃から白い紙に滲み広がる墨の黒さ“モノクローム”の世界に惹かれ7歳から本格的に書に目覚める。 高校在学中に師範の免許を取得。 水墨画においては関澤玉誠に師事。 書家として文字に命を吹き込みアーティストとして独自のリズム感や心象を表現。 国内外受賞歴多数。

Miyu Toyonaga

豊永美悠

剣道の師範の娘として生まれ「武道」を学ぶ。19歳でアメリカに渡米アメリカ・オクラホマ州の大学を卒業後、独自の英語能力を生かし、外資系金融企業で外国人付き役員秘書を務める傍ら、アメリカ・日本を拠点にコマーシャルモデル、フォトモデルとして活動。 2012年のWorld Supermodel Pageantの日本代表に選ばれ、海外進出をする。翌年には同大会アンバサダー就任。

ウィーン音楽大学声楽科講師・ソプラノ歌手

三谷 結子

三重県出身。武蔵野音楽大学声楽科卒業。ウイーンに留学。プライナー・コンセルバトワール声楽科を最優秀の成績で卒業。碓井士郎、及川慥、宮廷歌手ソーナ・ガザリアン、宮廷歌手レナーテ・ホルム、諸氏に師事。レハール作曲「微笑みの国」の“ミー”役で本格デビュー。各方面より大好評を得、同劇場で、レハール作曲「ロシア皇太子」の主役“ソニア”に抜擢され好演、絶賛を浴びる。その後ヨーロッパ各地の劇場及びフェスティバルで活躍する。
 

  • Miyu